ここから本文です

ユーロ2016優勝は2チームに絞られたか 解説者17人から最も人気を集めたチームは

theWORLD(ザ・ワールド) 6月9日(木)19時20分配信

この2チームによる一騎打ちか

10日から開幕するEURO2016はどこが制するのか。開催国のフランスか、2014ワールドカップ王者のドイツか、前回王者のスペインか、若手の成長著しいイングランドか。今回は圧倒的な優勝候補と呼べる飛び抜けたチームは存在しないように見えるが、専門家は今回のEUROをどう考えているのか。

英『Daily Mail』は解説者17人にそれぞれが思う優勝チームを挙げてもらっている。その結果、2つのチームによる一騎打ちとなった。

1番人気を集めたのはフランスで、10票を集めた。多くの人が挙げたのは開催国のアドバンテージで、フランスは過去にも同国で開催されたEURO1984で優勝している。さらに1998フランスワールドカップでも優勝しており、ホームアドバンテージを巧みに活かしている部分が評価されている。今回も実力ではずば抜けた存在とは言えないが、開催国の強みを活かして優勝するとの意見が多かった。

2番人気は安定感に優れるドイツで、6票を集めた。やはりドイツは安定感があり、2年前のワールドカップからメンバーが大幅に変わっていないことも大きい。経験、組織としての成熟度では群を抜いており、大失敗に終わることは考えにくい。解説者の中にはフランスとドイツの直接対決を制した方が優勝するとの意見もあり、今大会の優勝予想は2チームに絞られている。

そして1票獲得したのがスペインだ。スペインは世代交代に苦しんでいるものの、前回大会を知る者が揃っていることが評価されている。2年前のワールドカップでの惨敗で評価は落ちてしまったようにも思えるが、前回王者の意地を見せたいところだ。

今大会はアントニー・マルシャル、アントワーヌ・グリーズマン、ポール・ポグバら次世代の主役候補が顔を揃えるフランスが制するのか、安定のドイツなのか。人気ではこの2チームに絞られている。同メディアから母国イングランドの名前が挙がらなかったことは少々寂しいが、果たしてEUROは予想通りフランスとドイツの争いになるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月9日(木)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。