ここから本文です

【MLB】右肩張りで降板のダルビッシュ 「ご心配なく!」「温かく見守ってください」

Full-Count 6月9日(木)17時54分配信

ツイッターで報告、手術経験者から「いろんなところが痛くなる」とアドバイスも

 8日(日本時間9日)に本拠地で行われたアストロズ戦に先発したレンジャーズのダルビッシュ有投手は、右肩の張りを訴えて5回76球で降板した。トミー・ジョン手術と呼ばれる右肘靱帯再建手術から復帰後3試合目だっただけに、早めの降板に心配の声が上がっているが、ダルビッシュは自身のツイッターで「肩は大丈夫なのでご心配なく!」と呼び掛けている。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 試合前にバニスター監督は95球前後を上限に投げさせる予定だとしていたが、5回を終えて3安打7奪三振4四球1失点で降板。5回に2つ目のアウトを奪った直後、マウンド上で右腕を振って顔をしかめたため、ブロケイル投手コーチとチームトレーナーがマウンドを訪れる場面があった。

 降板後、球団は「右肩に張りを覚えたため、念のための措置として降板」したと発表。チームドクターの診察を受けたが異常は見られなかったと、球団公式サイトは伝えている。

 試合後の会見でダルビッシュは「トミー・ジョン(手術)の後だから、いろんなところが痛くなるし、これが普通だと言われました」と、手術経験者からのアドバイスを披露したそうだ。自身のツイッターでも「復帰した年はいろいろな所が張るそうなので今後もこういうことがあるかもですが温かく見守ってください^_^」と、ファンに向けて過度の心配をしないよう顔文字付きでメッセージを送った。

 地区首位のレンジャーズは1-3で敗戦。ダルビッシュに勝敗はつかなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月9日(木)17時54分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。