ここから本文です

中国リーグよりもイタリア3部! ヴェネツィア新監督インザーギ「金は関係ない」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月9日(木)20時30分配信

ヴェネツィア新監督が意気込みを語る

伊達男はやはり本国での戦いがお似合いだ。現役時代はユヴェントスやミランなどでプレイしたフィリッポ・インザーギ監督が、イタリア3部のヴェネツィアを率いるにあたってその意気込みを明かしている。

ミラノでは素晴らしい指揮を執ることができなかった。2014年夏からの1年間を古巣の監督として過ごしたインザーギだったが、セリエA10位という戦績により解任の憂き目に。指揮官としてのキャリアをスタートさせたばかりの新米は、ヴェネツィアで名誉を挽回することになる。伊『Gazzetta dello sport』が新天地での指揮に気合いを示すインザーギのコメントを伝えた。

「サッカーから離れた生活を送るのはとてもつらかった。私はサッカー無しじゃやっていけないんだよ。より上のディビジョンに所属する複数クラブや、中国のクラブからもオファーがあったけど、ヴェネツィアからの誘いをもらったときは迷わなかった。私にとっては、ここがセリエAだ。ディビジョンもお金も、私にはまったく関係ないんだ。それを求めるなら、他のチームを指揮するだろう。このクラブにはチャンピオンズリーグに値するほどに素晴らしい会長がいる。ヴェネツィアと共にセリエAのステージに戻りたいね」

セリエAで失意に終わったインザーギ監督の逆襲が始まる。少なくとも、彼にはその覚悟が完璧に備わっているように思える。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月9日(木)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。