ここから本文です

阪神藤浪、右手に打球直撃で降板 4回に清田のライナーが当たる

Full-Count 6月9日(木)19時52分配信

胸付近への打球に咄嗟に右手を出す

 阪神の藤浪晋太郎投手が9日のロッテ戦に先発し、右手に打球が直撃するアクシデントで降板した。

 3回まで7安打4失点という苦しいピッチング。2点ビハインドで迎えた4回、先頭・鈴木にレフト前ヒットを許すと、続く清田に2球目の直球を捉えられた。強烈なピッチャーライナーが右胸付近に飛び、咄嗟に出した右手に直撃。ボールは一塁方向へ転がり一ゴロとなったが、藤浪はそのまま降板となった。

 緊急登板となった榎田が後続を断ち、藤浪は3回1/3を8安打4失点(自責3)で降板。もし今季4勝2敗の右腕が離脱となれば、阪神にとってはあまりに痛い事態となる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月9日(木)19時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]