ここから本文です

西武メヒアが2年ぶり盗塁 無警戒の巨人大竹のモーションを完全に盗む

Full-Count 6月9日(木)20時6分配信

盗塁阻止率トップを誇る小林誠が送球もセーフ、浅村の適時打で生還

 西武のエルネスト・メヒア内野手が、9日の本拠地・巨人戦で2年ぶりの盗塁を決めた。

 3点を追う6回、秋山、栗山の連打で1点を返し、なおも1死二塁のチャンスで打席へ。ニゴロに倒れ、飛び出した二塁走者の栗山が挟殺となり、メヒアが一塁に残った。

 続く中村への初球。無警戒の巨人先発・大竹のモーションを完全に盗み、二塁へ激走。セ・リーグの盗塁阻止率トップ(.387)を誇る小林誠が送球も、さすがに間に合わず、セーフとなった。

 来日1年目の2014年に2盗塁をマークしているメヒアだが、昨年はゼロ。2年ぶりの盗塁を記録すると、続く中村のニゴロで三塁に進み、浅村のレフト前ヒットで生還。得点につながる貴重な盗塁となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月9日(木)20時6分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。