ここから本文です

西武、巨人に逆転勝ちでカード勝ち越し 2イニングで一気にひっくり返す

Full-Count 6月9日(木)21時22分配信

3点追う6、7回で7得点、メヒア豪快弾&牧田は無傷の6勝目

 西武が9日、本拠地での巨人戦で2イニングで7点を奪い、鮮やかな逆転勝利を飾った。3点を追う6回に2点を返し、7回には一挙5得点で逆転に成功。7回の1イニングを3者凡退の抑えた牧田が無傷の6勝目を挙げた。

 試合は巨人が先手を取る。初回に阿部のタイムリーで1点を先制すると、3回には長野がタイムリー。さらに、5回は1死一塁で長野が2打席連続タイムリーとなるライトへのツーベースを放ち、リードを3点に広げた。

 しかし、西武が一気にひっくり返す。まずは6回、栗山のタイムリーで1点を返すと、メヒアが2年ぶりの盗塁を決めるなど2死三塁とし、浅村がタイムリー。5回まで無得点に抑えられていた巨人先発・大竹をつかまえ、1点差に迫った。

 さらに、7回は2番手・山口から1死二塁として、金子侑が同点タイムリー。秋山がライトへタイムリーツーベースを放ち、勝ち越した。続く栗山が死球を受けて一、二塁となると、巨人が3番手・西村にスイッチ。しかし、ここでメヒアがセンターへ豪快な3ラン。あっという間に4点リードとした。

 5回まで0-3だったが、一気に試合をひっくり返し、あっという間に試合は西武ペースに。西武は救援陣がリードを守り切り、7-4で勝利。カード勝ち越しを決めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月9日(木)21時22分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。