ここから本文です

タイヤに悩むフェラーリ、新サスペンションを導入

オートスポーツweb 6月9日(木)6時42分配信

 フェラーリはカナダGPで、パワーユニットの他にリヤサスペンションのアップグレードも行うと伝えられている。

2016年モナコGP キミ・ライコネン(フェラーリ)

 チャンピオン、メルセデスとの差をなかなか縮めることができずにいるフェラーリは、カナダに向けてトークンを使用したパワーユニットのアップグレードを行ったといわれている。それによって新しいスペックのターボが投入され、使用トークン数は2とも3ともいわれている。
 このアップグレードに伴い、シェルの燃料も新しくされるという。

 さらにフェラーリはカナダでリヤサスペンションもアップグレードするとF1iが伝えた。メカニカルグリップを改善し、ピレリタイヤをよりうまく活用できるための改善がなされたということだ。

 モナコの予選Q3でセバスチャン・ベッテルが振るわなかったのは、タイヤを最適な状態に持っていくことができなかったためであると、フェラーリは認めていた。
 
 また、Auto Motor und Sportは、フェラーリは新しいノーズを持ち込む可能性があるとも報じている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月9日(木)14時53分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。