ここから本文です

御年87歳のエンニオ・モリコーネ、<デッカ・レコード>から自ら選曲・録音・指揮を手掛けた初のグレイテスト・ヒッツ盤を発表

Billboard Japan 6月9日(木)12時45分配信

 世界的に有名なイタリア人作曲家エンニオ・モリコーネが、これまで60年にわたり600曲を作曲してきたキャリアを記念し、<デッカ・レコード>と新たな契約を結んだ。

 今年10月7日には、88歳の誕生日となる11月10日に先駆けて最新アルバム『モリコーネ 60』がリリースされ、デッカとモリコーネ・ファミリーの間に結ばれたパートナーシップがスタートを切る。

 『モリコーネ 60』は、これまでモリコーネが手がけてきた名曲を後世に伝え、またファンの期待に応えるべく、自ら選曲・録音・指揮を手がけた、初のグレイテスト・ヒッツ・アルバム。『続・夕陽のガンマン』をはじめとする名作から、<アカデミー作曲賞>を受賞したクエンティン・タランティーノ監督作『ヘイトフル・エイト』まで、マエストロ自身が指揮。モリコーネの作曲家・指揮者生活60周年記念としてリリースされる本アルバムは、これまでサントラ録音で共演してきたチェコ・ナショナル交響楽団による新録音が収録される。

 デッカとの契約にあたり、「『ヘイトフル・ヘイト』の成功に続き、音楽家生活60周年記念の絶妙なタイミングで、再びデッカと契約を締結できたことは、私にとって大きな喜びです。チェコ・ナショナル交響楽団を指揮しながら自作を録音できたのは、素晴らしい体験でした。彼らは、真に傑出したクオリティで私のスコアを演奏してくれました」とモリコーネはコメント。

 また、デッカ・レコード・マネージング・ディレクター、レベッカ・アレンは「今回の新譜リリースおよびデッカとの契約発表と並行し、マエストロは200名のミュージシャン・歌手と共に新たなプログラムを世界中で演奏する【60周年記念ワールド・ツアー】をスタートさせます。これはヨーロッパ22都市で15万人以上を動員し、批評家も絶賛されたアリーナ・ツアーの大成功を受け、新たに始まるツアーです。イギリスでの次回のコンサートは6月23日、ブレナム宮殿グレート・コート【ノクターン・ライブ】の一環として開催されます。モリコーネがロンドン以外の英国内で演奏会を開催するのは、今回が初となります」と語っている。

 エンニオ・モリコーネは、これまで500本以上の映画・テレビ音楽と100曲以上の演奏会用作品を作曲し、<アカデミー名誉賞>を受賞した史上2人目の作曲家である。代表作に『ウエスタン』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『荒野の用心棒』『アンタッチャブル』『ミッション』など。『続・夕陽のガンマン』のスコアは、映画音楽ベスト200の第2位にランクインしている。

◎『モリコーネ 60』(仮題) トラックリスト
01. ハーモニカの男~『ウエスタン』
02. 砦~『続・夕陽のガンマン』
03. 続・夕陽のガンマン メインテーマ
04. ジルのテーマ~『ウエスタン』
05. 夕陽のギャングたち
06. 黄金のエクスタシー~『続・夕陽のガンマン』
07. ガブリエルのオーボエ~『ミッション』
08. 滝~『ミッション』
09. 地上の楽園~『ミッション』
10. ニュー・シネマ・パラダイス
11. アボリソン~『ケマダの戦い』
12. キ・マイ(私だけが)~『マッダレーナ』
13. H2S
14. ある夕食のテーブル
15. 愛の十字架~『ある夕食のテーブル』
16. デボラのテーマ~『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』
17. レッド・ロックへの最後の駅馬車~『ヘイトフル・エイト』
18. 残虐~『ヘイトフル・エイト』
※発売時、トラックタイトルは変更の可能性があります。

最終更新:6月9日(木)12時45分

Billboard Japan