ここから本文です

【先ヨミ】V6、秦 基博とコラボした最新SGが8.5万枚でトップ

Billboard Japan 6月9日(木)15時45分配信

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2016年6月6日~6月8日までの集計が明らかとなり、V6『Beautiful World』が8.5万枚のセールスで現在トップとなっている。

 V6の46枚目のシングルとなる『Beautiful World』。表題曲は、井ノ原快彦出演のテレビドラマ『警視庁捜査一課 9係 season11』の主題歌に起用されており、リリース前から耳にする機会も多くあった楽曲だ。作詞作曲を秦 基博がを手掛け、演奏とコーラスでも楽曲に参加している。頭ひとつ抜けるセールスをあげており、次週発表のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”でも1位になる可能性が高い。

 2位はAAAの51枚目のシングル『NEW』。本作はAAAの2016年第1弾となるシングルでタイトル曲は『スプライト』のCMソングに起用されている。続く3位と4位は僅差の戦いに。3位は、Guilty Kissの『Strawberry Trapper』。Guilty Kissは、7月からアニメ放送も決定している『ラブライブ!サンシャイン!!』からのユニットで、CYaRon!、AZALEAに続く第3弾のユニットだ。240万枚を超える売り上げをたたき出しているAKB48『翼はいらない』は、今週もセールスを積み上げて現在4位。5位は、TVドラマで注目を集めている藤原さくらの1stシングル『Soup』が入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年6月6日~6月8日までの集計)
1位:V6『Beautiful World』8.5万枚
2位:AAA『NEW』2.8万枚
3位:Guilty Kiss『Strawberry Trapper』2.1万枚
4位:AKB48『翼はいらない』2.0万枚
5位:藤原さくら『Soup』1.7万枚
※表示枚数は概数となります。

最終更新:6月9日(木)15時45分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。