ここから本文です

ジャニス・ジョプリンの幼少時代の家が売りに出される

Billboard Japan 6月9日(木)15時45分配信

 1960年代に活躍したブルース/ロック・スター、ジャニス・ジョプリンが子供時代に住んでいたテキサスの家が、50万ドル(約5,300万円)で売りに出されていることが明らかになった。

 1970年に死亡したジョプリンのテキサス州ポートアーサーにある家の外側には、彼女が住んでいたことを認めるTexas Historical Commission(テキサス歴史委員会)の標識がある。およそ140平米のこの家に家族で越してきた際、ジョプリンはまだ小学校に上がる前だったそうだ。

 課税記録によると、家の評価額は5万2,500ドル(約560万円)とのこと。販売者の名は公表されていない。

 この家が今月売りに出される前、テキサスおよびルイジアナ湾岸の歴史に特化した博物館“Museum of the Gulf Coast”の職員に対し購入について問い合わせたが、否定していた。

 博物館職員のサラ・ベリアンは、すべての家が博物館になるわけではないとし、維持費や資金の問題に言及した。

 昨年12月には、ジョプリンの派手にペイントされた1964年型ポルシェ356Cカブリオレが、オークションで176万ドル(約1億8,800万円)の値で落札されている。

最終更新:6月9日(木)15時45分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。