ここから本文です

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが映画『ゴースト・バスターズ』のサントラに新曲を提供

Billboard Japan 6月9日(木)20時5分配信

 2015年にリリースした『サウンズ・グッド・フィールズ・グッド』が全米・全英チャートで1位を獲得し、今年2月より約8か月間、全102公演に渡るワールドツアーをスタートさせるなど、現在世界規模の盛り上がりを見せている若手ロックバンド“5SOS(ファイヴ・ソス)”ことファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。

 そんな彼らの新曲「ガールズ・トーク・ボーイズ」が7月15日リリースされることが急遽発表され、あの言わずと知れた名作映画『ゴースト・バスターズ』の最新作のタイアップとなっていることも同時にアナウンスされた。

 映画『ゴースト・バスターズ』は三人の科学者が幽霊退治に賭けるSFコメディ映画で、1984年にアメリカで公開されるとその年の北米興行収入第1位を記録する大ヒット。当時の歴代興行収入でも7位となるほどの爆発的な人気を誇った映画だが、その最新作が制作され、7月15日に全米で公開となる。最新作の監督は、ポール・フェイグが務め、メリッサ・マッカーシー、クリステン・ウィグ、ケイト・マッキノン、レズリー・ジョーンズの女性4人がゴースト・バスターズを演じる。

 なお、「ガールズ・トーク・ボーイズ」は、7月15日に<RCAレコーズ>より発売が決定した『ゴースト・バスターズ:オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンド・トラック』にも収録予定となっている。

◎リリース情報
「ガールズ・トーク・ボーイズ」
2016/7/15 RELEASE
予約注文受付中
http://po.st/Gb5S

『ゴースト・バスターズ:オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンド・トラック』
OST
2016/7/15 RELEASE

最終更新:6月9日(木)20時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。