ここから本文です

「1D」ハリー・スタイルズ、ロンドンの自宅が落書き被害

クランクイン! 6/9(木) 15:40配信

 現在活動休止中の英人気ボーイズバンド「ワン・ダイレクション」のハハリー・スタイルズが、破壊行為の被害に遭ったと海外メディアGossip Copが伝えた。ロンドンにあるハリーの自宅の外壁に、スプレーでイタズラ書きされたという。

【関連】「ハリー・スタイルズ」フォトギャラリー


 ロンドンのハムステッド地区にあるというハリーの自宅は、ハリーが4年前に購入したもので、白い壁には黒のスプレーで卑猥な言葉が書かれていたそうだ。ハリーは現在、クリストファー・ノーラン監督がメガホンをとる戦争映画『Dunkirk(原題)』の撮影のためフランスにおり、事件があった当時は自宅に居なかったという。

 現在、警察による捜査が行われているのか、また容疑者がいるのかは分からないとのこと。ハリーが落書きの被害に遭ったことはファンの間に瞬く間に知れ渡り、ツイッターでは「#CanYallRespectHarry(みんなハリーを敬ってよ)」というハッシュタグのもと、落書きした人に対する嫌悪を示す様々なツイートが上がり、一時期トレンド入りしたという。

 ハリーは3月にも母親のiCloudがハッキングされ、交際を噂されたモデルのケンダル・ジェンナーとの写真が流出するというプライバシー侵害の被害に遭っていた。今回の落書き騒ぎについて、ハリーや代理人から特にコメントは出ていない。

最終更新:6/9(木) 15:40

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]