ここから本文です

ダルビッシュ、復帰3戦目は5回1失点 「右肩の張り」で76球降板

ベースボールキング 6月9日(木)11時56分配信

● レンジャーズ 1 - 3 アストロズ ○
<現地時間6月8日 グローブライフ・パーク・イン・アーリントン>

 レンジャーズのダルビッシュ有が8日(日本時間9日)、復帰3試合目となるアストロズ戦に先発登板し5回1失点。同点の場面で降板したため、勝ち負けは付かなかった。

 ダルビッシュは初回、先頭のスプリンガーに対し2球連続ボールから入ると、カウントを取りに行った3球目を狙い打たれ打球は左翼席へ。これが復帰後初被弾となる先頭打者弾で、いきなり先制点を失った。

 それでも、3番コレアをスライダーで空振り三振に仕留めるなど、初回は最少失点。2回以降も多彩な変化球を駆使し、決定打を許さなかった。

 粘投を続けるダルビッシュだったが、1-1の5回、一死から1番スプリンガーをカーブで空振り三振に仕留めたあと、右腕を気にするそぶりを見せた。その後、二死から2番アルテューベに四球を与えると、ベンチから投手コーチ、トレーナーらがマウンドへ向かい状態をチェック。続投直後に盗塁と悪送球で二死三塁とされたが、3番コレアを右飛に打ち取り2点目を与えなかった。

 ダルビッシュは大事をとり、5回76球で降板。3安打7三振4四球の内容で、防御率は2.87。その後「右肩の張り」との降板理由が球団から発表された。

 レンジャーズは同点の7回、3番手のウィリヘルムセンが捕まり2失点。打線はアストロズ投手陣を打ち崩せず、連勝は5で止まった。

BASEBALL KING

最終更新:6月9日(木)11時58分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]