ここから本文です

防御率は「18.00」…それでもファンが期待してしまう古野正人という男

ベースボールキング 6月9日(木)13時0分配信

ヤクルト先発陣の救世主?

 8日の楽天戦に勝利し、連敗を6でストップしたヤクルト。6月初勝利を挙げ、5月31日以来となる交流戦2勝目を掴んだ。

 昨年のセ・リーグ王者も、現在はリーグ最下位。特に投手陣の崩壊ぶりは目に余るものが有り、チーム防御率5.06は12球団で見てもワースト。唯一の5点台を叩き出し、ファンの間では「5点取られても防御率は下がる」といった自虐ネタまで飛び出している。

 左腕エース・石川雅規の離脱に加え、成瀬善久も中継ぎへ回った今、悩みは深刻な先発の駒不足。ローテーションの再編で誰が先発を務めるのかに注目が集まったが、9日の先発に発表されたのは5年目・29歳の古野正人だった。

昨年は“臨時エース”として活躍

 報徳学園から龍谷大を経て、社会人・日産自動車へ入部した古野。チームの廃部を機に三菱重工神戸(現三菱重工神戸・高砂)へと移り、2011年のドラフト6位でヤクルトへと入団した。

 即戦力として期待を受けるも、1年目は肩の故障などの影響により一軍登板はなし。それでも2年目の2013年に中継ぎとしてデビューを果たすと、10試合中先発も5試合こなし、1勝2敗という成績を残した。

 プロ入り後の4年間は一軍定着とは行かないまでも、チームが苦しい時に上がってきては先発に中継ぎと仕事をこなし、評価を高めてきた右腕。昨年も開幕から中継ぎ登板を続けながら、5月19日のDeNA戦から先発に回って6回1失点と好投。そのままローテの一角に入り込むと、交流戦では4度の先発で2勝負けなしと奮闘を見せた。

 結局、5月19日のDeNA戦から6月25日の中日戦にかけて4連勝を記録するなど、安定した投球を披露。ファンは“臨時エース”と呼んで古野を称えた。

活躍する条件は揃った...?

 迎えた今シーズンも、中継ぎからのスタート。ところがいきなり初登板の3月26日・巨人戦で2回を4失点と打たれると、4月5日の広島戦では1回もたずに5失点と炎上。二軍降格を余儀なくされた。

 今回の先発は、そのKO降格以来となる一軍のマウンド。「18.00」という防御率から厳しい戦いを覚悟するヤクルトファンも多いが、昨年のこの時期の古野を知っているファンは希望を抱いている。

 昨日で連敗をストップしたヤクルトであるが、実は昨年古野が初先発で勝利を挙げたのも、チームが9連敗を止めたその翌日のことだった。

 「昨年負けなしの交流戦」で、「連敗ストップの後」…。古野に期待する材料は揃っている。

1/2ページ

最終更新:6月9日(木)19時34分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報