ここから本文です

1番イチロー、3安打の固め打ち! 3000安打まで29、ローズまで残り7本

ベースボールキング 6月9日(木)12時32分配信

○ ツインズ 7 - 5 マーリンズ ●
<現地時間6月8日 ターゲット・フィールド>

 マーリンズのイチローが8日(日本時間9日)、敵地で行われたツインズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。今季3度目となる1試合3安打以上をマークしたが、チームは接戦を落とした。

 今季初めて指名打者で出場したイチローは2回、ツインズの先発右腕・ノラスコから右前打を放ち、早くも3試合連続安打をマークした。0-4の5回は、一死一、三塁の好機で右前適時打。2戦連続の打点をマークすると、後続打者の適時打で自らも本塁生還を果たした。

 勢いに乗ったイチローは、6回の第4打席でも、二死一塁の場面で右前打。この一打でノラスコをマウンドから引きずり降ろすと、続く2番プラードが勝ち越し適時打を右前へ運んだ。

 イチローは5打数3安打、1得点1打点の活躍で打率は.330。メジャー通算2971安打とし、節目の3000安打まで残り29本。日米通算安打は4249本で、ピート・ローズのメジャー通算最多安打まで、残り7本に迫った。

 マーリンズは打撃陣が奮起するも、先発のチェンが粘れず6回途中5失点。同点の7回に失点した2番手・ウィットグレンが今季初黒星を喫した。

BASEBALL KING

最終更新:6月9日(木)12時40分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報