ここから本文です

西武、交流戦3カード連続勝ち越し メヒアが両リーグ最速20号&好走塁!

ベースボールキング 6月9日(木)21時30分配信

○ 西武 7 - 4 巨人 ●
<3回戦・西武プリンス>

 西武が逆転勝ちで交流戦3カード連続の勝ち越し。3番メヒアがバットと足で魅せ、鮮やかな逆転劇を演出した。

 西武は3点を追う6回、1番秋山が二塁打を放ち反撃の口火を切ると、続く栗山も左中間への適時二塁打を放ち1-3。反撃ムードが高まる中、3番メヒアは投手の頭を越える二遊間へのゴロを放つと、この打球で二塁ベースを飛び出した栗山が挟殺プレーの末、タッチアウトとなった。

 打者走者のメヒアも一塁止まりで、反撃ムードが潰えたかに思えたが、続く4番中村の打席で、一塁走者のメヒアが巨人バッテリーの隙を見逃さず初球にスチール。これが自身2年ぶりの盗塁成功となり、結果的に栗山のミスを取り返す形になった。その中村は二ゴロに倒れたが、メヒアはこの間に三進。この好機で5番浅村が、詰まりながらも左前適時打を放ち1点差とした。

 2-3で迎えた7回は、一死から8番木村昇が二塁打で出塁すると、9番金子侑が右中間への適時三塁打を放ち同点。さらに、続く秋山の適時二塁打で勝ち越すと、一死一、二塁から、メヒアがトドメの20号3ランを左中間スタンドへ運んだ。

 先発のバンヘッケンは来日初勝利とはならなかったが、6回3失点の粘投。1点ビハインドの7回を凌いだ牧田が勝利投手。開幕から力投を続けるサブマリンは、すべて救援登板ながらリーグ2位タイの6勝目を手にした。

 対する巨人は、先発の大竹が6回2失点と試合を作ったが、救援陣が崩れ手痛い逆転負け。打線も序盤に3点リードを奪ったものの、終始不安定だったバンヘッケンを崩し切れなかった。

BASEBALL KING

最終更新:6月9日(木)21時39分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報