ここから本文です

G大田とT横田、ホロ苦バースデー 互いに無安打&拙守、チームも敗れる

ベースボールキング 6月9日(木)22時8分配信

先発出場も互いに途中交代…

 期待の若手外野手にとっては辛い誕生日となった。

 6月9日に26歳の誕生日を迎えた巨人・大田は、西武戦に「1番・左翼」で先発出場。相手の先発左腕・バンヘッケンに対し、初回の打席で三球三振に倒れるなど4打数無安打。守備では1点リードの7回、西武・木村昇のライナー性の打球を、グラブに当てながら落球。これが逆転に繋がる二塁打になってしまった。

 3点を追う8回は一死満塁の好機で打順が巡ってきたが、ここで代打・相川を告げられ交代。攻守ともに精彩を欠き、今季の打率は.213まで低下した。

 21歳の誕生日を迎えた阪神・横田は、ロッテ戦に「8番・中堅」で先発出場。相手先発は、高校時代に鹿児島県でしのぎを削ってきた同じ高卒3年目の二木。第1打席は右翼への大飛球を放ったが、打球はフェンス前で失速。5回の第2打席はバットを折られ、二ゴロに倒れた。

 その二木は、6回を2失点にまとめ4勝目(5敗)。プロでの初対決は、お立ち台にも上がったライバル右腕に軍配が上がった。

 横田は守備でも、5回の二死一塁の場面で、ロッテ・井口の飛球をうしろに逸らしてしまった。詰まった打球だったが、一歩目の判断が送れ猛チャージも及ばなかった。打球が中堅後方を転々とする間に、6失点目となる走者がホームイン。7回には3度目の打順が巡ってきたが、こちらも代打・新井を告げられ途中交代。この試合は2打数無安打で、打率は.200となった。

 それでもチームが勝利すれば救わるところだったが、巨人は西武に4-7、阪神はロッテに2-7で敗戦。両選手にとっては辛い一日となった。

BASEBALL KING

最終更新:6月9日(木)22時28分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]