ここから本文です

退団希望報道から1週間…ハメス「レアルでプレーを続けることが夢」

SOCCER KING 6月9日(木)12時9分配信

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、コパ・アメリカ・センテナリオ USA 2016・グループステージ第2戦のパラグアイ代表戦後にラジオ番組『カルカロ』に出演。同クラブでプレーを続けたいという意向を明かした。スペイン紙『アス』が伝えている。

 報道によると、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督はJ・ロドリゲスのパフォーマンスには満足していない。同監督の采配を見れば明らかで、リーガ・エスパニョーラ第31節バルセロナ戦(4月2日)や、3点差をつけての勝利が必要だったチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのヴォルフスブルク戦(4月12日)、同大会の準決勝ファーストレグ、マンチェスター・C戦(5月4日)、そして同決勝のアトレティコ・マドリード戦(5月28日)と、シーズン中の重要な試合で、J・ロドリゲスは1分もピッチに立つことができなかった。

 J・ロドリゲス獲得にあたって、レアル・マドリードは7700万ユーロ(約93億円)を費やした。サラリーも高額だ。レアル・マドリードは、贅沢な“ベンチ要員”は経営的な観点からも必要ないと考えているようで、同選手獲得に興味を抱いているチェルシーやマンチェスター・Uの意思を見ながら、放出するかどうかを検討しているという。

 レアル・マドリードで厳しい状況に置かれているJ・ロドリゲスだが、本人は残留の希望を改めて表明した。パラグアイ戦後、コロンビア代表の背番号10は以下のように語った。

「僕たちはサッカーの世界にいて、移籍が多く行われる。いつも言ってるけど、僕はあそこ(レアル・マドリード)で続けたい。偉大なクラブで(プレーを)続けるのが夢だ」

 なお、1日付のスペイン紙『マルカ』によれば、J・ロドリゲスは「自分はベンチに座るためにここにいるわけではない」と、出場機会を求めてレアル・マドリード退団を希望していると報じられている。

 去就についての情報が錯綜しているJ・ロドリゲス。来シーズンのどのクラブでプレーすることになるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月9日(木)12時9分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。