ここから本文です

「C・ロナとペペは演技派俳優」…アイスランド代表監督がレアルの2選手を口撃

SOCCER KING 6月9日(木)15時39分配信

 初出場を決めたユーロ2016で、強豪のポルトガル代表といきなり対戦するアイスランド代表のラーシュ・ラーゲルベック監督が、大会5日目の14日に行われる一戦に向け、相手の攻守の要であるレアル・マドリードの2選手を“口撃”した。

 ノルウェーの総合メディア・グループ『NRK』とのインタビューに応じたラーシュ・ラーゲルベック監督は、ポルトガル代表のエースであるFWクリスティアーノ・ロナウドに対して、実力を称賛しながらもダイビング癖を指摘。さらに、シミュレーション行為が目立つDFペペに対しても皮肉を込めた。

「ポルトガル代表には世界最高の選手の1人がいる。その男は演技派俳優でもあるがね。我々はこれまで何本か面白いポルトガル映画を見せて貰って来た。アトレティコ・マドリードとのチャンピオンズリーグ決勝では、ハリウッドに立てそうな役者がもう1人見られたよ」

 ラーシュ・ラーゲルベック監督はさらに、チャンピオンズリーグ決勝で2度に渡り顔面を抑えて大袈裟にのた打ち回り、アトレティコ・マドリードの選手を退場処分に追い込もうとしたペペに対しては、「ああいった行為には虫唾が走る」と糾弾したうえ、非紳士的行為は決して見逃すべきではないとの意見を述べた。

「試合後にビデオを見て確認し、この手の行為を処罰する事ができるようになって欲しいものだよ」

SOCCER KING

最終更新:6月9日(木)16時0分

SOCCER KING