ここから本文です

元チリ代表指揮官、“アーサー王”・ビダルの傲慢ぶりを痛烈批判

SOCCER KING 6月9日(木)17時39分配信

 2011年2月から2012年11月までチリ代表を率いていたアルゼンチン人のクラウディオ・ボルギ氏が、かつての教え子であるチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン)を痛烈に批判した。

 ピッチ中央に陣取ってチーム全体の動きを巧みにコントロールするスタイルから“レイ・アルトゥーロ(アーサー王)”の異名を取るビダル。だが、6日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第1節アルゼンチン代表戦では、中盤で何度もボールをロストし、主審の判定に対して不満気な表情を見せるなど、本調子とは程遠いパフォーマンスを見せた。

 この試合を受け、ボルギ氏は「ビダルは自分が全知全能の神であるかのように振る舞っていた。プレーではなく、判定への抗議でばかり目立っていた」と批判。

「本来の彼は偉大なプレーヤーだ。世界最高クラスのプレーを見せてくれることもある」とその能力を認めつつも、「しかしアルゼンチン戦で、ピッチ中央にいたのはMFマルセロ・ディアス一人だった。彼はどこにいた? 右に行ったり、左に行ったり。自由に動き回っているのか、それとも反抗的な動きを見せているのか、私には分からないがね」と話した。

 チリ代表は次節、10日にボリビア代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月9日(木)17時39分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。