ここから本文です

日本一くさいアンテナショップ!?〈新島・式根 938(くさや)フェア〉開催中/東京

Webマガジン コロカル 6月9日(木)20時37分配信

コロカルニュースvol.1716

伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ〈東京愛らんど〉~TOKYO ISLANDS CAFE~にて、ただいま〈新島・式根 938(くさや)フェア〉が開催中!

【写真ギャラリーで見る】日本一くさいアンテナショップ!?〈新島・式根 938フェア〉開催中/東京

くさやは強烈な匂いと良い風味を合わせもつ、伊豆諸島の特産品。この約2年ほど、店内飲食スペースでは厨房でくさやを調理することを遠慮してきましたが、PRのために意を決して解禁! 新島をはじめとする諸島のくさや販売に加え、くさやを使ったフードも提供されます。

会場で提供されるのは、くさや初心者にもおすすめな、オニオンスライスとトマトのフレッシュ感、くさやの熟成された風味のハーモニーが味わえる〈くさやとオニオンスライスのサンド〉400円(税込)や、炙ったくさやを新島産一味唐辛子とマヨネーズでいただく〈炙りくさや〉300円(税込)などなど。

江戸時代に生産が始まったとされているくさや。当時は生活に欠かせない貴重な塩を年貢として幕府に納めており、その為に魚の塩漬けは塩水を繰り返して使っていました。その塩水に魚の成分が蓄積して発酵し、独特の風味が加わったのが“くさや液”。これにムロアジやトビウオなどを漬け込んだ後、天日干ししたものが、くさやです。

現在でも伊豆諸島で盛んに造られており、独特の塩のうま味が酒の肴やご飯のお供にぴったりな逸品です。(参考:農林水産省『農山漁村の郷土料理百選』)

ほか会場では、包丁でたたいたトビウオやカジキのミンチに味をつけて揚げた、式根島の郷土料理〈式根島揚〉や、純粋はちみつ使用の新島産ブルーベリーのコンフィチュール、新島特産あめりか芋チップスを飾った〈新島ソフト〉も。お口なおし?にどうぞ!

イベントには、新島村非公認ご当地キャラクターの〈くさヤーマン〉も登場。彼はくさやの亡霊で、特技は“くさや汁ブッシャー”というどこかで聞き覚えのある技。フェア期間中には街頭での活動も予定しているのだとか。

ほか、消臭スプレーひと噴き0円(税込)のサービスや、新島ガラスミュージアムのガラス工芸品の期間限定販売も行われます。会期は2016年6月30日(木)まで。

information

新島・式根 938(くさや)フェア
会期:2016年6月6日(月)~30日(木)
会場:アンテナショップ「東京愛らんど」~TOKYO ISLANDS CAFE~
住所:東京都港区海岸1-12-2 竹芝客船ターミナル内
時間:7:30~22:30
Web:〈東京都島しょ振興公社〉


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:6月9日(木)20時37分

Webマガジン コロカル