ここから本文です

プリンスオヴウェールズS 5日前登録で9頭が出走表明

netkeiba.com 6月10日(金)12時15分配信

 15日に行われるGIプリンスオヴウェールズS(芝10F)へ向けた、日本の1週前登録にあたる Five Days Declaration(=5日前登録)が、現地9日の正午に締め切られ、日本から参戦のエイシンヒカリ(牡5、父ディープインパクト)を含む9頭が出走を表明した。

 この登録ステージで回避が確定したのが、昨年のGI仏ダービー馬で、今季初戦のGIイスパーン賞(芝1800m)で6着に敗れたニューベイ(牡4、父ドゥバウィ)、昨年のGIパリ大賞(芝2400m)勝ち馬で、同じく今季初戦のGIイスパーン賞9着のイラプト(牡4、父ドゥバウィ)、昨秋のGIカナディアン国際(芝12F)勝ち馬で、5月5日にチェスターのハクスレイS(芝10F75y)で自身3度目の重賞制覇を果たしたキャンノックチェイス(牡5、父レモンドロップキッド)らである。

 一方、4日のGIコロネーションC(芝12F10y)で2着となった後、中10日での参戦となるため動向が注目されていたファウンド(牝4、父ガリレオ)は、登録を残している。

 また、5月26日のGIIIブリガディアジェラードS(芝10F7y)を含む重賞3勝馬で、前日のGIクイーンアンS(芝8F)と両睨みのタイムテスト(牡4、父ドゥバウィ)は、5日前登録の段階に至ってなお、GIクイーンアンSとGIプリンスオヴウェールズSの両方に登録を残し、他陣営の動向や馬場状態を見つつ、GIクイーンアンSの最終登録となる12日の正午まで態度を保留する構えである。

(文:合田直弘)

最終更新:6月10日(金)12時18分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。