ここから本文です

近畿・梅雨の晴れ間 大阪などで今年の最高気温観測

THE PAGE 6月10日(金)18時7分配信

近畿・梅雨の晴れ間 大阪などで今年の最高気温観測

 10日の近畿地方は、梅雨の晴れ間が広がり、午前中から各地で気温が上昇。大阪管区気象台によると、大阪府枚方市では同日午後5時までに最高気温32.5度を観測、大阪市内でも31.5度を観測するなど、各地で7月下旬並みの暑さに見舞われた。

【拡大写真と地図付き】西日が照りつける南海・堺東駅前の「堺銀座通り」付近

 同気象台によると、高気圧に覆われ概ね晴れたが大気の状態が不安定となっており、南部を中心に雷を伴って非常に激しく降るところもあるという。大阪府堺市でも31.3度を観測し、堺市役所周辺の歩道ではタオルで汗をぬぐいながら歩く人の姿もみられた。

 同気象台は、あす11日の近畿地方は高気圧に覆われて晴れるが、気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、午後は雨や雷雨となるところがある予報となっている。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.57520154978096&lon=135.48412750363974&z=18

最終更新:6月10日(金)18時10分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。