ここから本文です

クリセット・ミシェル、「自由になった」新作を自主レーベルから発売 リック・ロスら参加

bmr.jp 6月10日(金)19時50分配信

クリセット・ミシェル、「自由になった」新作を自主レーベルから発売 リック・ロスら参加

クリセット・ミシェル、「自由になった」新作を自主レーベルから発売 リック・ロスら参加

2006年にDef Jam Recordingとの契約を獲得し、ジェイ・Z、ナズと話題のシングルに次々と参加して脚光を浴びたグラミー授賞女性シンガー、クリセット・ミシェルが、メジャー・レーベルを離れて初のアルバムとなる新作『Milestone』を発表した。

ジェイ・Zの“Lost One”、ナズの“Can’t Forget About You”と話題のシングルに参加して一躍そのジャジーな歌声が注目され、2007年に『I Am』でアルバム・デビューを果たしたクリセット・ミシェル。ヒップホップを通過したジャジーなソウル・ポップ~R&Bサウンドは高く評価され、ウィル・アイ・アムとの“Be OK”では2009年の第51回グラミー賞で最優秀アーバン/オルタナティブ・パフォーマンス賞を授賞した実力派だ。

Def Jamから、同じユニバーサル傘下である名門Motown Recordsに移籍して2013年に発表した4作目『Better』では成熟したソウル・ミュージックを聞かせ、グラミー賞の候補になるなど話題になった彼女だが、翌年にはMotownを離脱し、自主レーベル Rich Hipsterを設立。2012年には兄弟のレム・ペインとヒップホップ色の強いミックステープ『Love Thy Brother』を発表していた彼女は、今年3月にも流行のトラップ・ヒップホップに挑戦した『Steady Gang Mix』をリリースする一方で、2014年11月にはオーケストラを取り入れたEP『The Lyricists’ Opus』を自身のRich Hipsterから発売と、これまでのイメージを破る活動を続けてきた彼女が、『Better』から3年ぶりとなるニュー・アルバム『Milestone』を完成させた。

「トラップ・ソウル」と自ら表現する“Steady”がリード・シングルとなる新作『Milestone』は、メジャー・レーベルを離れて自由に創作できるようになった彼女の今の気分を表した作品となるようだ。Soul Trainのインタビューに対しクリセット・ミシェルは、「私はこれまで本当に長いこと、みんなのために曲をレコーディングしてきた。だからファンが満足するかどうかは私にとってとても重要だったわ。でも今回は、ちょっとだけ自分本位になろうと思うの。私がiPodで聴いている曲や、外で私が踊っているような曲を書いて、歌おうって。私が楽しめるものにしようってね」とコメント。また、自主レーベルでの活動について、「一番怖いのは経済的なリスク」と経営の難しさについて語る一方で、「許可を得たりする必要のある人が少ないから、すごくクリエイティブになったわ。お金を出しているのは私だから、私ひとりがリスクを背負うの。たくさんの人がリスクを背負ってお金を出してくれた以前とは違ってね」と、自由に制作できるようになったと語っている。

Caroline/ Capitol Recordsがディストリビューションを担当する新作『Milestone』は、彼女の元マネージャーで、婚約者であるダグ・エリソンがエグゼクティヴ・プロデュースを担当。このダグ・エリソンが2004年に設立したプロダクションであるFour Kings Productionsが制作面で大きく関わっているようで、故チンクスなどを手がけたFour Kings Productionsの所属プロデューサーが参加している。また、ゲスト・アーティストには、過去に“Aston Martin Music”で共演したリック・ロスや、2014年に発表したメジャー・デビュー作がグラミー候補になったシンガー・ソングライターのマリ・ミュージックらが参加。全12曲を収録しているが、デジタル配信版では7曲を追加したデラックス・バージョンもリリースされており、ボーナストラックにはクリセットの兄弟であるレム・ペインも参加している。

1. Diamond Letter
2. Steady
3. Meant To Be (feat. Meet Sims)
4. Soulmate
5. Unbreakable
6. To The Moon
7. Make Me Fall
8. Equal (feat. Rick Ross)
9. These Stones
10. Indy Girl
11. Us Against The World
12. Reinvent The Wheel (feat. Mali Music)

[deluxe edition]
13. My Body
14. Private Destination
15. Black Girl Magic
16. Edge Of The Bar
17. Top Of The World
18. Zero (feat. LemPayne)
19. Ebony

最終更新:6月10日(金)19時50分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。