ここから本文です

国連事務総長「任期最後まで最善尽くす」 大統領選質問に

聯合ニュース 6月10日(金)8時44分配信

【ニューヨーク聯合ニュース】国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は9日、米ニューヨークの国連本部での記者会見で来年末の韓国大統領選に出馬するかを問われ、「事務総長の任期遂行中は(ほかに)注意を奪われない」と答えた。

 潘事務総長は「任期の最後の瞬間まで、すべての努力と時間を注ぐ」と強調した。これまでも機会があるたびに言及してきたことだが、今一度明確にしたいと述べた。

 大統領選出馬が取り沙汰され事務総長の職務がおろそかになりかねないとの批判もあると投げかけられると、「行き過ぎた不合理な批判だ」とした。大統領選出馬の有無に関しては言及を避けた。

 潘事務総長は先月末の韓国訪問時に、大統領選に意欲的と受け止められる言動で政界の注目を浴びた。忠清道エリアの盟主だった金鍾泌(キム・ジョンピル)元韓国首相宅も訪れている。金氏は後日、「(潘氏が)しっかりと心を固めたようだ」と語ったとされる。

最終更新:6月10日(金)8時58分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。