ここから本文です

<アートコーポレーション>発達障害児向け保育施設開設へ 5年間で50カ所目標

BizBuz 6月11日(土)9時0分配信

 「アート引越センター」などを展開するアートコーポレーションは7月、発達障害のある幼児・児童向けの保育施設を埼玉県朝霞市などにオープンする。心理療法士を常駐させ、訓練用の用具も備え、今後5年間で50カ所に開設する方針。自身も子育てをしながら働いてきた経験を持つ寺田千代乃社長が、12日放送の「ザ・リーダー」(MBS、関西ローカル)に出演。保育事業への思いなどを語る。

【写真特集】寺田千代乃社長にMBS高井美紀アナが迫る「ザ・リーダー」

 同社では、2005年から保育事業に進出。認可保育所だけでなく、病院・企業・商業施設内での託児サービスを展開し、約180カ所、6000人の幼児、児童を預かっている。

 寺田社長は1968年、夫とともに大阪で「寺田運輸」を設立、76に年に引越し専門業「アート引越センター」を始めた。番組では、当時既に2人の子供がおり、営業先に連れて行くこともあったというエピソードも披露。「元々私自身も子育てをしながら仕事をしてきて、こういう施設があったら助かるなと思っていたが、当時はなかった。いつかワーキングマザーの応援をしたいと思っていた」と語っている。

 寺田社長は、女性初の関経連副会長として財界活動にも積極的に取り組んでおり、業界初のテレビCMを放送した秘話なども明かしている。放送は12日午前5時から。

最終更新:6月11日(土)9時0分

BizBuz