ここから本文です

エイシンヒカリが世界首位に

netkeiba.com 6月10日(金)13時12分配信

 2016年1月1日から6月5日に施行されたレースが対象となる「ロンジンワールドベストレースホースランキング」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表され、5月24日のイスパーン賞で圧勝したエイシンヒカリ(栗東・坂口正則厩舎、牡5歳)が129ポンドで世界首位に立った。日本馬がトップに立つのは130ポンドで2014年の年間首位となったジャスタウェイ(栗東・須貝尚介厩舎)以来。

 2位にはドバイワールドカップを優勝したカリフォルニアクローム(牡5、米・A.シャーマン厩舎)と現在9連勝中のウインクス(牝5、豪・C.ウォーラー厩舎)が126ポンドで並び、モーリス(美浦・堀宣行厩舎)、ポストポンド(牡5、英・R.ヴェリアン厩舎)、ナイキスト(牡3、米・D.オニール厩舎)、ワーザー(セ4、香港・J.ムーア厩舎)が124ポンドの4位タイ。

 その他の日本馬はダービーを制したマカヒキ(栗東・友道康夫厩舎)、ドゥラメンテ(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)が121ポンドの11位タイ、ダービー2着のサトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎)は120ポンドで16位タイにランクインしている。

最終更新:6月10日(金)13時21分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ