ここから本文です

ミア・ワシコウスカが『アリス…』新作PRのため来日決定

ぴあ映画生活 6月10日(金)17時0分配信

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が公開になる前に、アリス役のミア・ワシコウスカと、ジェームズ・ボビン監督が来日することが決定した。ふたりは、今月20日(月)と21日(火)に来日し、記者会見とプレミアイベントに出席する。

その他の画像

本作は『アリス・イン・ワンダーランド』のその後を描く作品で、アリスが親友マッドハッターの危機を救うために、再びワンダーランドに戻り、時間をさかのぼる冒険を繰り広げる。ワシコウスカが引き続きアリスを演じ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエンらが出演する。

ワシコウスカが来日するのは、前作のPR来日以来、6年3か月ぶりで、彼女が出席するプレミアイベントは、巨大な時計や歯車で構成された巨大な城のセットなど、作品の世界観をイメージした装飾が用意された豪華なものになるという。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
7月1日(金) 全国ロードショー

最終更新:6月10日(金)17時7分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。