ここから本文です

『きっと、うまくいく』監督・主演コンビが挑む新作、『PK(ピーケー)』10月公開

CDジャーナル 6月10日(金)17時2分配信

 現代のインド社会を描いたヒューマン・ドラマ『きっと、うまくいく』(2009年)のラージクマール・ヒラニ監督と、主演をつとめたアーミル・カーンが再びタッグを組み挑んだ異色作、『PK(ピーケー)』が10月に公開されます。公式YouTubeチャンネル(www.youtube.com/channel/UCpLWM-QnxSNmIVCwe2PCGIw)では、アーミル・カーン演じる主人公PKの“ラジカセを手に素っ裸”という姿をフィーチャーしたポスターが喋りだす、インパクトのある映像が公開されています。

 インドのTV報道局で働くジャグーは、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは“PK”と呼ばれるその男を取材することに――。『PK』は、子どものように見るもの、聞くもの全てに興味を持つPKの“小さな疑問”から、社会と常識に対するメッセージを説いていきます。

(C)RAJKUMAR HIRANI FILMS PRIVATE LIMITED

最終更新:6月10日(金)17時2分

CDジャーナル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。