ここから本文です

坂上忍 アラサー女子に「ノーパンで合コンに行くしかない」

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月10日(金)11時54分配信

俳優・坂上忍さんが、悩めるアラサー読者の相談に本音で答える『andGIRL』の人気連載「坂上忍の“アラサーガールめった斬り!!”」。

今回の相談は「どうしても結婚したくて、彼氏がほしくて、最近毎週合コンしています。とはいえ、なかなか、というかまったく成果は出ず……。いつも上手くいくのは、同じコ。私は幹事の男性から『じゃあ、次はいつにする?』って聞かれる係になってしまっています。いつも上手くいくコになるには、どうすればいいですか?合コンで好かれるための必勝テクを教えてください!」(30歳・ライター)

坂上さんは、そんな女性の相談に対して、こう答えます。

* * *

これは、ノーパンで合コンに行くしかないです。幹事役の男性に頼られるってことは、あなたはけっこうなしっかり者ってことだよね。そういう人が小手先の必勝テクを使っても、「ど、どうした!?」って周りをドン引かせるだけ。実際、急にテンション高く振る舞うのもおかしいし、モテようとピンクを着はじめるっていうのもかなりハードルが高いでしょ?

かといって、男の話にうなずく回数を多くしたってくらいじゃ、自分は努力したつもりでも、相手には一切伝わらない。“少し”変わったくらいじゃ、周りは気づかないんだよね。役者は、いろんな監督さんに、殻を1枚1枚剥がされて自分を変えていくことができる職業だけど、普通に生活してるとそういう機会は滅多にないし、自力で性格を変えるのは至難のワザ。となると、もうノーパンくらいの荒療治に挑むしかないわけです(笑)。

ノーパンなら自分だけのヒミツだから、周りに「いつもと違う」って気づかれないし、合コンでサラダでも取り分けようかと中腰になったら、「あ、はいてなかったんだ……」って急にそわそわして、いつものしっかり者のあなたとは違う雰囲気が生まれるはず。大胆な行動に出たことで、いつもとは違う勇気が出たり、パンツをはいてない違和感がスキを生んだりすることがあるんじゃないかな。試す価値はあると思うよ。

※『andGIRL』2016年6月号

最終更新:6月10日(金)11時54分

M-ON!Press(エムオンプレス)