ここから本文です

レイクウォン、ヴィック・メンサ、ベックら参加のフルーム新作が米ダンス・チャートで1位に

bmr.jp 6月10日(金)23時20分配信

レイクウォン、ヴィック・メンサ、ベックら参加のフルーム新作が米ダンス・チャートで1位に

レイクウォン、ヴィック・メンサ、ベックら参加のフルーム新作が米ダンス・チャートで1位に

サム・スミス、ディスクロージャー、ロードらのリミックスを手がけるなど活躍の幅を広げているオーストラリアの新進プロデューサー、フルームが、3年半ぶりとなる新作『Skin』を発売。米ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで初登場1位を獲得した。

チェット・フェイカーやタ・ク、クラシックスといった才能を抱える豪レーベル Future Classicに所属するフルームは、エレクトロ・サウンドをベースに、ハウスやトリップホップ~ヒップホップ、R&Bなどを自由に横断、ポップで時にメロディアスな音楽を構築し、注目を集める24歳。アーティスト・ネームは、当時大好きだったというボン・イヴェールの曲“Flume”から拝借したものだという。

2012年に発表したデビュー・アルバム『Flume』で21歳の若さながら世界的な注目を集め、SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)、コーチェラ、ロラパルーザなどの大型音楽フェスティバルに次々と呼ばれるように。2013年には『Flume』がデラックス盤として再発され、新たにゴーストフェイス・キラー、M.O.P.などの豪華ゲストを迎えて話題になったほか、ディスクロージャーの“You And Me”、サム・スミスの“Lay Me Down”などのリミックスのオファーも相次ぎ、ダンス・ミュージック界の新星としてますます存在感を増している。

その彼が、高まる期待によるプレッシャーと闘いながら完成させたのが、自身3年半ぶりのアルバムとなる『Skin』。今回は、カニエ・ウェストとの共演でも注目を集めるヴィック・メンサ、アラン・キングダムや、ベテランのレイクウォン、西海岸の若手ヴィンス・ステイプルズといった北米のラッパーたちから、リトル・ドラゴンやトーヴ・ローといったスウェーデン勢、ディスクロージャーとの“White Noise”のヒットでも知られるイギリスのアルーナジョージ、ディプロらとのコラボレーションでも知られるトロントの新進女性シンガー、カイなど、世界各国の多彩な才能がゲスト参加。さらにベックがアルバムの最後を飾るという豪華さだ。

カイとのリード・シングル“Never Be Like You”では初めて全米シングル・チャートにランクインした上、ダンス/エレクトロニック・ソング・チャートで最高5位のヒットになるなど好調なフルームだが、5月27日に発売された『Skin』は、母国オーストラリアで初登場1位になっただけでなく、最新の全米チャートでダンス/エレクトロニック・アルバム部門でも初登場1位に。総合チャートでも初登場8位とトップ10入りを果たす大躍進を見せた。前作『Flume』ではダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで最高12位に留まっており、この3年の活躍ぶりが結果となって出たと言えそうだ。

1. Helix
2. Never Be Like You (feat. Kai)
3. Lose It (feat. Vic Mensa)
4. Numb & Getting Colder (feat. Kucka)
5. Say It (feat. Tove Lo)
6. Wall Fuck
7. Pika
8. Smoke & Retribution (feat. Vince Staples & Kucka)
9. 3
10. When Everything Was New
11. You Know (feat. Allan Kingdom & Raekwon)
12. Take a Chance (feat. Little Dragon)
13. Innocence (feat. AlunaGeorge)
14. Like Water (feat. MNDR)
15. Free
16. Tiny Cities (feat. Beck)

最終更新:6月11日(土)1時50分

bmr.jp