ここから本文です

不動産投資では◯◯選びが大切!

ZUU online 6月10日(金)10時10分配信

女性誌などでも活躍しているファイナンシャル・プランナー(FP)の高山一恵さんは、実は中古ワンルームマンション2部屋を所有する不動産投資家でもあります。不動産投資は一体どのようなものなのか、苦労したことは何か、なぜ中古のワンルームマンションにしたのか? これまでのべ1000人ほどの女性のマネー相談を受けてきた高山さんに、それらの疑問に答えてもらいます。

■不動産投資が気になった理由

FPという仕事柄、株式投資や投資信託、外貨投資など、一通りの投資はやってきましたが、不動産投資だけは、二の足を踏んでいました。勉強不足ということもあり、多額のローンを組むということに対するハードルや空室リスク、震災リスクなど、リスクばかりに目を向けてしまっていたので、なかなか重い腰が上がりませんでした。

一方で、不動産投資はいつかトライしてみたいと思っていたので、気になる存在でした(笑)。というのも、年齢を重ねれば重ねるほど体力は落ち、若い頃と同じように仕事をこなすことができない現実に直面していた私は、「不労所得」を得る方法として「不動産投資」を考えていたからです。

■不動産投資には種類がいっぱい

幸いにも周りで不動産投資をやっている人が多くいたので、その人たちから実際の不動産投資について話しを聞いたり、本やセミナーで勉強したりして自分なりに情報収集しました。実際に不動産の勉強をはじめて、物件を購入するまでに2年ほどかかりました。

ひとくちに不動産投資といっても、ワンルームマンションへの投資、アパートへの投資、加えて、中古物件への投資、新築物件への投資など、さまざまな種類があるので、最初は幅広く情報収集して自分に合う方法を模索しました。いろいろ検討した結果、私は都内の中古のワンルームマンション投資からスタートすることにしました。

■ワンルーム中古物件に決めたワケ

ワンルーム中古物件での投資を決めた理由は、簡単にいうと、中古物件は土地の価格が相対的に高く、新築物件のように、豪華なモデルルームやチラシなどの広告宣伝費があまり載っていないので、資産価値が落ちにくいと判断したからです。そして、中古物件の方が新築物件に比べて物件価格が安いので最初にトライするにはスタートしやすいというのもありました。

不動産投資で成功している人達に話しを聞くと、アパート投資をしている人が少なくなかったのですが、さすがに最初からアパートには踏み切れませんでした。

■物件探しは不動産コンサルティング会社の人に

肝心の物件探しですが、中古物件は見極めが難しく、かつ、不動産投資をするにあたり、いろいろと勉強したので、条件に合う物件を自分で探すとなると、かなり苦戦しました。物件の詳細は、次回以降にお話しますが、結果的に不動産販売会社に属していない、経験豊富な独立系の不動産コンサルティング会社の方に紹介してもらいました。

かなりの築古物件ということもあり、部屋の中はフルリフォームが必要な状況でしたが、リフォーム代も含めて800万円を切る金額で購入することができました。当初想定していたよりもローンの金額も少なくてすみ、毎月の返済額も「万が一空室になってもこれくらいの金額であれば自己負担でも払える金額」と思えたので、すんなり購入することができました。

■不動産投資では業者選びが大切!

不動産投資をするにあたり、いくつかの業者さんにお話しを聞いたのですが、投資をしたらプラスになるどころかむしろマイナスになるという物件を紹介してきたり、こちらの質問に対して、誠実に回答してくれなかったり、と「不信感」を持ってしまう業者さんが少なくありませんでした。

ある業者さんでは、こちらが契約する、というまで何度も話を聞かされ、部屋から出してくれなかったというところもありました。最後は無理やりでてきましたが、非常に不快な思いをしました。

そんな中、私が物件の紹介を依頼した業者さんに決めた理由は、ズバリ「信頼できる!」と思ったこと。ただ単に物件を紹介するというよりは、まず、ライフプラン全体を考え、その中でどう不動産投資を活用していくのかといったコンサルティングをしっかりした上で物件を選んでいくという方法だったので、私の中でしっくりきたことと、物件自体も十分に収益を狙えるものだったこと、終始、質問には迅速に丁寧に回答してくれたことなど、随所に誠意が感じられたのが決め手となりました。

不動産投資は金額が大きいので、物件選びを間違えると資産形成どころか、むしろマネープラン上、大きなお荷物になってしまう可能性があります。だからこそ、自分自身の知識の研鑽と信頼できる業者さんをパートナーにもつことがとても大切です。

高山 一恵
Money&You取締役、ファイナンシャル・プランナー(CFP)。2005年に女性向けFPオフィス、エフピーウーマンを設立、2015年から現職。全国で女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。FP Cafeを運営。

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:6月10日(金)10時10分

ZUU online