ここから本文です

台湾鉄道・プユマ号デザインの特急、東武が運行開始へ

中央社フォーカス台湾 6/10(金) 16:05配信

(台北 10日 中央社)東武鉄道は17日、昨年12月に友好鉄道協定を締結した台湾鉄路管理局(台鉄)の特急プユマ号のデザインを施した、特急りょうもう号の運行を開始する。同日には東武スカイツリーライン浅草駅で出発式が行われるほか、記念乗車券の販売も始まる。

東武鉄道は協定締結後、特急スペーシアとプユマ号への記念エンブレム掲出や、乗車券交流などを実施している。東武の鉄道車両の塗装が、海外の鉄道事業者の車両のデザインに変更されるのはこれが初めて。同社は今回の企画を通じて台湾からの誘客を図りたいとしている。

台鉄の車両のデザインを施した列車の運行は、昨年2月に友好鉄道協定を結んだ京浜急行電鉄が今年2月から実施していた。

(王淑芬/編集:杉野浩司)

最終更新:6/10(金) 16:05

中央社フォーカス台湾

なぜ今? 首相主導の働き方改革