ここから本文です

世界6大奇妙な飲食店 台湾の「トイレレストラン」が入選

中央社フォーカス台湾 6月10日(金)18時33分配信

(台北 10日 中央社)オーストラリアの男性ライフスタイルサイト「D’MARGE」が5月下旬に発表した「世界で最も風変わりなレストラン6選」に、台北市にあるトイレをテーマにした飲食店「モダン・トイレ・レストラン」(便所歓楽主題餐庁)が入選した。

同店のインテリアは洗面所をイメージしており、来店客は洋式便器の形をした椅子に座って食事を楽しむ。食器も便器や洗面台を形どっているほか、一部メニューは大便がモチーフとされている。

その他リスト入りしているのは、中世をテーマにした「メディエバルタイムス」(米国)、高カロリーなメニューと看護師の制服を着たセクシーな店員が特徴の「ハートアタックグリル」(同)など。

(呉欣紜/編集:名切千絵)

最終更新:6月10日(金)18時33分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。