ここから本文です

「追い詰めない」叱り方 新人マネジメント6つのポイント

ZUU online 6月10日(金)17時10分配信

新入社員が仕事に慣れてきたものの、まだまだミスや失敗の多い6月、早く成長してほしい一方、心が折れて辞められては困る、と上司や先輩の悩みは尽きない。部下や後輩とコミュニケーションをとる上で、追い詰めないように言葉をかけるポイントを紹介しよう。

■責めるニュアンス入っていませんか? 叱る側も冷静になることが大事

1. 「社会人・職場の常識、知っていて当たり前」 知らないことを責めないで

自分が当然のようにこなしている仕事を部下ができないと、なぜ知らないのかとつい言ってしまいがち。そう言われたところで,「知らないものは仕方ないじゃないか」と思うのが若い人の本心。何の解決にもならないばかりか、「私は非常識なのか?異常なのか?」と不安にさせてしまう場合もある。

知らないことを責めるのではなく「きちんと知ってもらう」ことを最優先に考えよう。例えばメールひとつとっても、今まで同世代とのやりとりしか経験していない彼らは相手に「様」をつける習慣を知らなくても不思議ではない。決して嘘をつく必要はないが「私も知らなかったからね」と添えれば、相手の知識の無さはやんわりと伝える。その上で、社会のルールや仕事の進め方をきちんと教えればいい。

2.「あの人はできるのに…」 成長速度は人それぞれ

部下の欠点を見ると、つい優秀な他人と比べてしまうものだが、口に出してはいけない。「同期の○○さんはできるのに」などもってのほか。「自分でも分かっていただけにヘコむ」という若手社員に追い打ちをかけてはいけない。これで自信をなくすと、仕事のやる気も削がれるなど裏目に出ることが多い。

「誰でも最初はできないものだ」とフォローをして「自分だけが劣っているわけではない」とまずは安心させることだ。部下の「成長したい」という気持ちや仕事への意欲を不必要にそぐことはない。比べるべきは「デキる」他人ではなく、部下の過去。以前と現在とを比較して、成長しているかどうかで、仕事ぶりを判断するようにしたい。

3.「どうしてできないの?」 悩んでいることに追い打ちをかけない

感情的になったとき、つい出てしまうのが「なんでできないの」。それが分かれば苦労しないので、悩んでいる人には辛い言葉だ。

相手に気持ちをぶつけるだけでなく、「原因はどこにあったのか」「改善するにはどうすればいいのか」という質問を重ねて検証しよう。指示をするだけでなく、本人に考えさせることが大事だ。例えば、部下が取引先に失礼をしてしまった場合「もし○○社の人がウチに対して同じことしてきたらどう思う?」と具体的にイメージしてもらうと部下の記憶にも残り、同じ過ちをしにくくなる。

■「慰めよう・労ろう」が裏目に出ています。 意図がわかるように伝える

負のスパイラルに入っていると、優しい言葉でさえ、うっかりすると追い詰めてしまうことがある。めんどくさいと思わずに、根気よく向き合うしかないのだ。

4.悪いのはあなただけじゃない=先輩に迷惑をかけた…

部下が失敗したときに「私の指示の仕方も悪かったんだけど」と枕詞で言ってしまう人は多いだろう。「あなただけが悪い訳じゃない」というフォローのつもりでも、中には「先輩の足を引っ張っている」と感じて自分を責めてしまう部下がいる。部下が失敗を充分に認識しているようなら、責任の所在には触れずに解決策を一緒に考えた方が、生産性が高い。

5.今日はもう帰ったら?=ここにいてはダメなんだ…

遅くまで残っている部下に「今日はもう帰ったら?」と帰宅を促すのも諸刃の剣だ。「あまり根詰めないように。あなたの体が心配だから」というところまで相手に伝わらない場合があるからだ。ただ退社を促すような言葉は「突き放されたような気がして、ショックだった」と感じてしまう人もいる。あくまで「無理をしないようにね」というスタンスを前面に出す必要があるだろう。

6.気にしなくていいよ=その程度の期待だったのか…

「気にしなくていいよ」もフォローのつもりで発したものの、相手を傷つけてしまう言葉の代表だ。相手を責めない態度が裏目に出てしまうことがある。「怒られないと『最初から期待してない』と言われたようでショック」と、突き放されたような気持ちになってしまう人がいるのだ。失敗した後輩の気持ちを軽くするためには、「今度は頑張ってみよう」と次につながる言葉をかけてあげるのがいいだろう。

部下の叱り方として、「借りてきたネコ」という、産業カウンセラーをしている渡部卓氏が提唱しているコピーがある。

か・感情的にならない
り・理由を話す
て・手短に
き・キャラクター(人格)に触れない
た・他人と比べない
ネ・根に持たない
コ・個別に叱る

ミスの報告を受けた時、最後に「きちんと報告してくれて助かるよ。こういうのが大切だからさ」と付け加えるだけで、部下は萎縮しないで済む。ミスを認めながらも「どうしたの。○○さんらしくないよ」と声をかければ、部下は自分自身が否定されているわけではなく失敗した「こと」に対して叱られているのだと分かり、冷静にミスと向き合える。部下とのコミュニケーションは「あくまで前向きに」が鉄則だ。(ZUU online編集部)

最終更新:6月10日(金)17時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]