ここから本文です

『スター・ウォーズ バトルフロント』の新拡張“ベスピン”のキーアートが公開。ガス雲に浮かぶクラウド・シティが壮観

ファミ通.com 6月10日(金)11時46分配信

文:編集部 ミル☆吉村

●新ヒーロー/ヴィランにはランドとデンガーが参戦
 エレクトロニック・アーツが、マルチプレイアクションシューティング『スター・ウォーズ バトルフロント』の新拡張コンテンツ“ベスピン”のキーアートを公開した。
 ベスピンは、映画「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」に登場したガスに覆われた星。その雲上に栄える空中都市クラウド・シティが新たな戦いの舞台となる。シーズンパス所有者は一般より2週間早い6月21日ごろよりプレイ可能。

 なお新たなヒーロー/ヴィランとしてランド・カルリシアンと帝国にサイボーグ化された賞金稼ぎデンガーが登場する予定で、DLT-19を持つデンガーはヘビーブラスター装備した唯一のヒーロー/ヴィランとなる。一方でランドはトリックを駆使して相手を打ち負かす、原作のキャラクターを活かした性能を持つ模様。

 また新武器としてX-8ナイトスナイパーとEE-4ブラスターが追加予定。ベスピンでは新たな乗り物としてクラウド・カーが使えるほか、(ハン・ソロが冷凍された)炭素冷凍施設や、バイオニープ・ラボラトリーズといったロケーションが出てくるという。

最終更新:6月10日(金)11時46分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。