ここから本文です

<ベッキー>復帰後、初会見全文(2) 思い悩み涙する日も「割とあった」

まんたんウェブ 6月10日(金)16時25分配信

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんとの不倫騒動により1月末から休業していたタレントのベッキーさんが10日、BSスカパー!の音楽番組「フルコーラス」の収録に参加することになり、収録前に報道陣の取材に応じた。会見の一問一答は以下の通り。

【写真特集】5カ月ぶり会見 ベッキーの表情は…

 ◇自然体でありのままの自分でテレビに出られたら

 ――復帰の番組(5月13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ(金スマ)」)についてですが、(元)奥様と会う前に収録を行っていたことについて、これについてはどう思いますか。

 配慮が足りなかったと思います。本当に申し訳ありませんでした。

 ――でも、それはそういう決断をしてしまったわけですよね。

 本当に申し訳ございません。

 ――それは間違っていたなと思うところがある?

 配慮が足りなかったと思います。

 ――ベッキーさんは優等生のようなキャラが根強かったと思うんですけれど、これから同じような雰囲気でお仕事されていくのか、いろいろ悩まれると思いますが、どういうベッキーを見せていきたいですか。

 自然体でありのままの自分でテレビに出られたらいいなと思っております。

 ◇川谷への思い「冷めたのは徐々に」

 ――川谷さん新曲を発表されまして、それがベッキーさんのことを連想させるような内容でしたが、お聴きになりましたか。

 私は、聴いてないです。

 ――そういった、まだ向こう側は気があるのではないかという、もしあったとしたらどうお感じになりますか。

 臆測でお伝えすることもできませんので、なんともいえないですけれども。

 ――川谷さんへの思いが冷めたのは、具体的にどのタイミングでしょうか。

 冷めたのは徐々にという感じなので。タイミングといわれても難しいんですけれども。

 ――自分の中で吹っ切れた?

 はい。

 ――いつごろから?

 いつとはいえませんけれども、徐々に気持ちがなくなっていったので。いきなりパッと気づくことでもないというか、徐々になくなっていった感じです。

1/2ページ

最終更新:6月10日(金)16時25分

まんたんウェブ