ここから本文です

プロツアーで優勝も 日比二重国籍の14歳がローアマ争い

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月10日(金)21時3分配信

国内女子ツアー「サントリーレディス」2日目を終えて、海外選手を含む15人のアマチュアのうち5人が決勝ラウンドに進出した。通算イーブンパーの36位につけるのが、日本人の父とフィリピン人の母を持つ14歳のユウカ・サソウ(笹生優花)だ。

ハヌル&ボミが追う!「サントリーレディス」のフォトギャラリー

現在は、日本とフィリピンの二重国籍を持つ。生まれはフィリピンで、日本には4歳から4年間ほど住んでいたといい、取材には流ちょうな日本語で答えた。その後はフィリピンに戻り、父の影響で8歳後半からゴルフを始めた。無料で練習やラウンドができる父親のメンバーコースで腕を磨き、1年後には初出場のジュニア競技で優勝したとのことだ。

得意クラブは1Wで、身長164.5センチ、59キロから放たれる距離は平均260ydとすでにプロ並み。現在はフィリピンのナショナルチームに属し、5月に出場したフィリピン女子ツアーでは並み居るプロを押しのけて、3打差で優勝を遂げた逸材だ。

初めての日本ツアー出場となった昨年大会は85位で予選落ち。1年を経て「去年よりドライバーがフェアウェイに行くようになって、パットもうまくなった」と、成長を実感する場となっている。週末にローアマチュアを争う蛭田みな美、畑岡奈紗、勝みなみらライバルたちは、国際競技で何度も戦ったことがある面々。「目標だった予選通過ができたので、ローアマに向けて頑張りたいです」と、まだ幼さが残る表情を引き締めた。(兵庫県神戸市/塚田達也)

最終更新:6月10日(金)21時3分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]