ここから本文です

水曜日のカンパネラとshu uemuraがコラボレーション イベント開催も決定

CDジャーナル 6月10日(金)17時2分配信

 新作『UMA』の発売を間近控え、タイトル通り未だ“未確認”箇所を多く残す同作の情報開示を発売日6月22日(水)に向けて進行中の水曜日のカンパネラが、化粧品ブランド「shu uemura」とコラボレート。映像作品「COLORHOLIC」がYouTube(youtu.be/foEDFkbD9q4)にて公開されています。

 同映像は、shu uemuraアイシャドー・ライン「color atelier(カラー アトリエ)」のリニューアルを記念して制作されたもの。使用されている楽曲「COLORHOLIC」は、このコラボレーションのためにケンモチヒデフミが書き下ろした楽曲。“COLOR HUNT(カラーハント)”をテーマに、“東京”という街からのインスピレーションを全100色のカラー・ヴァリエーションに落とし込んだという新生color atelierの7月1日(金)発売に先駆け、特設サイト「水曜日のカンパネラ x shu uemura COLORHOLIC」(brand.shuuemura.jp/colorholic)も開設されています。

 また、このコラボレーションを記念したイベント〈shu uemura TOKYO COLORHOLIC PARTY〉が、映像中にも登場する東京・表参道「BANK GALLERY」にて6月18日(土) ・19日(日)の2日間に亘り開催されることも決定。19日の18:30からは“スペシャルコンテンツ”として、水曜日のカンパネラがコラボレート楽曲「COLORHOLIC」を披露する予定となっています。

最終更新:6月10日(金)17時2分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。