ここから本文です

<三遊亭円楽>不倫認め謝罪 「浮気といえば浮気」

まんたんウェブ 6月10日(金)17時36分配信

 写真週刊誌「FRIDAY」で不倫を報じられた落語家の三遊亭円楽さんが10日、東京都内で会見。「報道されているとおり、他の女性とお付き合いさせていただいている」などと不倫を認め、「落語家になった46年前。当時、芸人はもてなくちゃいけないという風潮がございましたが、今回のことは時代錯誤だった」などと謝罪した。

【写真特集】ベッキーは騒動後初会見 その表情は……

 会見の様子はテレビ番組で中継され、円楽さんは「大好きな落語ですから、どういうことになるか分かりませんが、噺家(はなしか)として、噺家の世界の片隅にでもいいから置いてほしい」とうっすら目に涙を浮かべながら語り、「高座でお返ししたい。六代目円楽として芸道に精進してまいりたい」と頭を下げた。

 10日発売の写真週刊誌「FRIDAY」で、40代の一般女性との不倫デートが報じられており、円楽さんは不倫相手の女性とは「2年半くらい前」に後援会のゴルフの集まりで知り合ったといい、「そのうちに好ましい感情が生まれ、恋愛感情というか、男ですから口説いた。浮気といえば浮気」と説明した。

 こういったことは今までもあったのか?という質問には「……心の隅をほじくるとなんかあるね」と告白しつつ、「痛切に感じたのは、昔は『女遊びをしなさい』とかいろんなことを師匠方が言ったけど、芸の肥やしにはなんないよ」と反省。ではなぜ?と追及されると、「だって男がほれたらしょうがないよ。出会いってそういうもんだよ」と素直に語った。

 また、妻の反応を聞かれると、「とにかく頑張りなさいと。『身から出たさびです』と言ったら、『さびも味になるわよ』と。まいっちゃうね」と説明。不倫相手との交際期間は「1年ちょっと」だといい、今後は「今まであったろう不適切な関係はストップする」と誓った。

最終更新:6月10日(金)18時13分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。