ここから本文です

コムアイ、100色のアイシャドウに溺れる!shu uemura×水カン・コムアイがコラボ

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月10日(金)18時42分配信

化粧品ブランド“shu uemura”(シュウ ウエムラ)のパレット システム アイシャドー 「color atelier(カラー アトリエ)」が、世界中の色が溢れる街・東京からインスピレーションを得て、全100色となって7月1日より新発売。この発売を記念して、6月10日から19日まで「COLORHOLIC=色にハマる!」をテーマにしたデジタル/リアル連動キャンペーンが展開される。

そして今回、キャンペーンの一環として、ほかには真似のできない独創的なメイクアップを追求するshu uemuraと、型にはまらない世界観で表現される音楽・パフォーマンスで注目を集めるアーティスト、コムアイ(水曜日のカンパネラ)がコラボレーション! デジタルとリアルが織り交ざった様々な体感型企画が実施される。

そして、7月1日に新発売となる、shu uemuraのアイシャドー レフィル システム「カラーアトリエ」のプロジェクト テーマである「COLORHOLIC=色にハマる!」をテーマに作られた楽曲「COLORHOLIC」が完成。本日6月10日より、shu uemura 「カラーホリック」キャンペーンサイトほかにて公開中だ。

コラボビデオでは、 アバンギャルドなカルチャー、世界中のトレンドがミックスされる東京の色を切り取り「色にハマる!」を最大限に表現。アイカラーが印象的なこのビデオで、メイクアップを担当したのはshu uemura インターナショナル チーフ メイクアップ アーティストの淺野裕司をはじめとするshu uemura アーティストたち。カラーホリックなコムアイ メイクにチャレンジしてみよう。

また、コラボビデオで競われていたカラーハントが体験できる企画『COLORHOLIC~TOKYOカラーハント』も実施(6月10~19日)。ビデオのロケ地でもある原宿・表参道の一角に、カラーアートが期間限定で出現。街に点在するカラーアートを撮影し、「#shuカラーホリック」を付けてSNS投稿した方に抽選で素敵な賞品が当たるキャンペーンも同時に行われる。

さらに、『COLORHOLIC~TOKYOカラーハント』開催中のキャットストリート中ほどに位置する“BANK GALLERY”(バンクギャラリー)で、フロアごとに「色を見つける」「色で遊ぶ」「色を得る」といったテーマ設定を通じて、色に包まれる体感型イベント『TOKYO COLORHOLIC PARTY』も開催(6月18・19日)。 shu uemura「カラー アトリエ」全100色のアイカラーから自分に合った色を見つける体験や、TOKYOインスパイアード カラーをテーマにフォトグラファー、小浪次郎氏が撮り下ろした作品の展示などが行われる。

6月18・19日の両日、shu uemura アトリエ アーティストによるメイクショーや、アイメイク サービスを実施。 最終日の6月19日には、コムアイをゲストに迎えコラボ楽曲「COLORHOLIC」の披露など、COLORHOLICにするコンテンツを用意している。

『水曜日のカンパネラ×shu uemura COLORHOLIC』 の詳細はこちら
http://brand.shuuemura.jp/colorholic/

水曜日のカンパネラ OFFICIAL WEBSITE
http://www.wed-camp.com/

最終更新:6月10日(金)18時42分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。