ここから本文です

長崎スラッシュメタル伝説TERROR FECTOR、唯一のアルバムがリイシュー

CDジャーナル 6月10日(金)17時2分配信

 HELLCHILD『...To The Eden』の24余年ぶりリイシューを機に再始動した「Ritual Records」(www.ritualrecords.com)から、今度は1990年代日本スラッシュメタル重要バンド“TERROR FECTOR”が残した唯一のフル・アルバム『Everlasting Hell Damnation』(1994)が再登場。90年代初頭のデモ音源を追加収録した新装盤(RRJP-1371 2,484円 + 税)が7月27日(水)に発売となります。

 90年代前半、グラインドコアやデスメタルが台頭しつつあった日本において長崎を拠点に活動、初期KREATORを彷彿とさせる高速剃刀リフィンを武器にスラッシュメタルをディフェンドし、“長崎のKREATOR”の異名で知られたTERROR FECTOR。リイシューにあたり、アルバムから溯ること3年の1991年に発表されたデモ音源『Slaughter to Survive』の6曲を追加収録。結成当初はEXECUTEやGASTUNKといった80s日本メタルコアを志向していたという彼らの魅力を、より深く知ることができるリイシューとなっています。

 なお、長らく活動休止状態が続いていたTERROR FECTORは昨年1月、長崎にて一夜限りの復活ライヴを敢行。往年と変わらぬステージプレゼンスを披露しています。

最終更新:6月10日(金)17時2分

CDジャーナル