ここから本文です

シリーズ50周年を飾る『ウルトラマンオーブ』製作発表会に豪華キャストが勢ぞろい! 主題歌を担当する水木一郎氏も登場

ファミ通.com 6月10日(金)12時11分配信

文・取材:ライター イズミロボ・ササ

●過去のヒーローの力が甦る新機軸に注目!
 この2016年で、放送開始50年を迎える『ウルトラマン』シリーズ。その節目を飾る注目の最新作『ウルトラマンオーブ』が、テレビ東京系で7月9日より放送スタートとなることが決定。2016年6月9日の“東京おもちゃショー2016”バンダイブースで、ついにその詳細が明かされた。本稿では、主要キャストが勢ぞろいした製作発表会の模様をリポートする。

 発表会ではまず、スクリーンでプロモーションビデオが初公開されたのちに、メイン監督を務める田口清隆氏が登場。あいさつとともに、「あえて“総決算”はやらずに、いままでのシリーズの概念をぶち壊すような、新しい方向に舵を切りました。スタッフ・キャストともに、“迷ったら遊べ”をスローガンに、一丸となって頑張っています」と、意気込みを語った。

 ここでステージには突然、第1話に登場する怪獣“風ノ魔王獣 マガバッサー”が乱入! そこに主人公のクレナイ ガイが現れて、ウルトラマンオーブに変身。ステージでは、オーブと怪獣のバトルが展開されることに。ここでは基本となるスタイル“スぺシウムゼぺリオン”のほか、“バーンマイト”と“ハリケーンスラッシュ”が披露され、ウルトラマンオーブには3形態あることがアピールされた。

 ヒーローショーさながらのステージに続いては、MCより、新番組『ウルトラマンオーブ』の概要が簡単に紹介された。
 今回の『ウルトラマンオーブ』の特徴は、歴代のウルトラヒーローの力を借りて戦えること。具体的には、ヒーローの力を宿したカードを、変身アイテムの“オーブリング”に2枚読み込ませることで、ふたりの力を兼ね備えたウルトラマンオーブにフュージョンアップ(変身)することができる。“スぺシウムゼぺリオン”は、ウルトラマン+ウルトラマンティガ。“バーンマイト”はウルトラタロウ+ウルトラマンメビウス、“ハリケーンスラッシュ”はウルトラマンジャック+ウルトラマンゼロの、それぞれの能力を活かして戦うことが可能なのだ。相手の怪獣のスタイルに対応して、さまざまなタイプのウルトラマンオーブのバトルが見られることが、大きな魅力と言えるだろう。

●キャストに加え、主題歌の水木一郎氏も登場!
 番組の内容紹介がひととおり終わり、ステージ後半は、キャスト紹介のコーナーに。クレナイ ガイ役の石黒英雄さんほか、メインの出演者が続々と登壇し、出演が決まっての感想などを語ってくれた。なおキャスト名と役どころは、以下のとおりだ。

 さらに、スペシャルゲストとして主題歌を歌う水木一郎氏がステージに登場! その主題歌とともに、オープニング映像がスクリーンで初披露された。曲のタイトルは、「オーブの祈り」で、作詞作曲はTHE ALFEEの高見沢俊彦氏が担当。水木氏は曲について、「デモテープを聞いて、王道だし、子供たちが歌うであろうことを確信しました。『ウルトラマン』は、劇場用作品は何度か歌わせてもらったのですが、テレビシリーズは初めてなので、頑張りました」とコメント。レコーディングも順調に進んだそうだ。

 製作発表会はここでひと段落となり、最後は番組の関連商品やキャンペーン情報などが紹介された。玩具としては、変身アイテム『DXオーブリング』や武器『オーブスラッガーランス』とともに、変身用の『ウルトラフュージョンカード』を展開。またアーケードカードゲーム『データカードダス ウルトラマン フュージョンファイト!』は、夏の稼働を予定している。

 おもちゃやゲームを含め、大々的な展開が予定されている、『ウルトラマンオーブ』。シリーズ50周年の記念作品として、大いに盛り上がりそうな予感だ。なお恒例のイベント“ウルトラマンフェスティバル”は、今年も池袋サンシャインシティでの開催が決定。会場限定のウルトラフュージョンカードがプレゼントされるとのことなので、ファンはぜひ足を運んでみては?

最終更新:6月10日(金)12時11分

ファミ通.com