ここから本文です

ソン・フンミン、“恩師”故レバンドフスキ監督を哀悼

WoW!Korea 6月10日(金)11時41分配信

トッテナムのソン・フンミンが亡くなった“恩師” サシャ・レバンドフスキ監督を哀悼した。

ソン・フンミンの紹介と写真

 英国・国営放送BBCをはじめ欧州メディアは9日(現地時間)「レバンドフスキ監督が(ドイツ)ボーフムの自宅で亡くなっているのを発見された」と報じた。死因はわかっていない。

 レバンドフスキ監督の死亡のニュースに接したソン・フンミンは自身のSNSを通じて「レバンドフスキ監督は素晴らしい人であり、偉大な指導者でした。彼がこの世を去り非常に悲しいです」とし「僕はいつもレバンドフスキ監督を恋しく思い、いつも心の中に大切にしまっておくだろう。ご冥福をお祈りします」と伝えた。

 レバンドフスキ監督はソン・フンミンとレバークーゼン(ドイツ)で師弟の縁を結んだ。ソン・フンミンがレバークーゼンに入団した2013-2014シーズン、レバンドフスキ監督はコーチとして戻った。しかし2014年4月ヒーピア監督が成績不振で解任されると臨時監督を務めて、再度チームを率いてソン・フンミンも指導した。

最終更新:6月10日(金)11時41分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。