ここから本文です

女優パク・チニ、一日名誉法官に任命

WoW!Korea 6月11日(土)22時28分配信

韓国女優パク・チニ(38)が、一日名誉法官に任命された。



 去る10日、所属事務所は「パク・チニが、ソウル地方裁判所法院長室で開かれた『一日名誉法官』行事にて、名誉法官に委嘱された」と明かした。

パク・チニのプロフィールと写真

 裁判所の関係者は「パク・チニは日頃、大衆に認められた正しい生活イメージから、名誉法官として的確だと判断し選定した」とし、「一般市民へ裁判所の変化した姿を公開するにあたり、裁判所をより理解してもらうきっかけになることを願う」と伝えた。

 この日の行事でパク・チニは、裁判部が進行する実際の裁判を参観し、事案に対する意見を聞くなど一日名誉法官としての責任を無事に果たした。

 一方、パク・チニは先ごろ終演したtvNドラマ「記憶」でナ・ウンソン判事役を担い、注目を浴びた。現在は、次回作を検討している。

最終更新:6月11日(土)22時28分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。