ここから本文です

『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』ダーナの前に姿を現す謎の人外生物たちの情報を公開

ファミ通.com 6月10日(金)14時1分配信

●黒いローブに身を包んだ正体不明の人物と人外の高度な生命体たち
 日本ファルコムより、プレイステーション Vita版が2016年7月21日、プレイステーション4版が2017年に発売予定のアクションRPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』。同作の公式サイトが更新され、新たなキャラクターの情報が公開された。

 以下、リリースより。

----------

■キャラクター紹介
 本作「イースVIII」で冒険家アドルの夢の中に登場するもう一人の主人公・少女ダーナ。
 そのダーナの前に姿を現す、本作の重要キャラクター「ウーラ」「ヒドゥラ」「ミノス」「ネストール」の詳細プロフィールを新たに公開します。

◆ウーラ
「ダーナよ、お前がどこまで抗えるものか……
 楽しみにしておくとしよう。」

 漆黒のローブで身を包んだ正体不明の人物。
 ある使命を達成するために行動を起こしダーナに接触を図るが、敵意を持っているかどうかは判然とせず、顔の殆どをローブで覆っているため、その表情も読み取ることができない。
 人外の存在である高度な生命体、ヒドゥラ、ミノス、ネストールらと行動を共にしているが、彼らとの関係性や一緒に行動する理由すら、何一つ分かっていない。

◆ヒドゥラ CV:掛川裕彦
「同情を禁じ得ません…が、
 私たちは何もしてあげられないのです」

 ウーラと行動を共にしている海洋生物のような風貌をした人外の存在。
 かなり高度な知識を持っているらしく、その行動と言動は常に冷静沈着。
 適格な判断を下すことに長けている。ダーナに対し、何らかの助言をするようなのだが……。

◆ミノス CV:藤本たかひろ
「ハッ、こうして見ると
 人間とやらも随分貧弱そうな生物だな。」

 獣人のような外見と屈強な体躯を持つ人外の存在。
 見た目の印象通り、粗野で豪快な気質をしており、自分より小柄で膂力に劣る人間たちを少々見下している。
 ヒドゥラ同様、とある目的でダーナの前に現れ、ある話を切り出すようだが……。

◆ネストール CV:新千恵子
「傲慢な人間よ――
 なぜこの期に及んで抵抗するのじゃ?」

 ヒドゥラ、ミノスらと行動を共にする存在。
 その外見はどことなく人間に近いものの、四肢の形状や佇まいは明らかに異なっており、形容しがたい独特な雰囲気を身に纏っている。
 合理的な考えを良しとする性格で、冷徹とも思える判断を躊躇なく行ってしまうなど、恐ろしい一面を覗かせる。

最終更新:6月10日(金)14時1分

ファミ通.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。