ここから本文です

<栗山千明>“ドロドロ不倫”きょう完結 修羅場&卒業証書&裏切りのバージンロード

まんたんウェブ 6月10日(金)22時30分配信

 女優の栗山千明さん主演で、ドロドロの不倫劇を描いている連続ドラマ「不機嫌な果実」(テレビ朝日系)が10日の放送で最終回を迎える。番組史上“最大の修羅場”シーンや、夫からの“卒業証書”、不倫相手の実家訪問、元不倫相手の登場……と先の読めない展開の連続になるといい、予告には「裏切りのバージンロード」という言葉もあり、いったいどんな結末が待ち受けているのか。放送直前に見どころをまとめた。

【写真特集】最大の修羅場、夫から“卒業証書”、元不倫相手も……

 ◇ドロドロ展開で高視聴率 “裏切りのバーベキュー”も話題に

 「不機嫌な果実」は、1996年に発表された林真理子さんの傑作不倫小説が原作。マザコン夫の航一(稲垣吾郎さん)に女性として見てもらえず、不満を抱える水越麻也子(栗山さん)が情熱的な音楽評論家・工藤通彦(市原隼人さん)とのドロドロの不倫劇を繰り広げ、麻也子の親友・竹田久美(高梨臨さん)や遠山玲子(橋本マナミさん)、麻也子の元彼・野村健吾(成宮寛貴さん)らの“道ならぬ恋”におぼれる姿も描かれてきた。

 ドロドロの愛憎劇はもちろん、第5話の予告で使われた「裏切りのバーベキュー」というワードも話題となり、3日に放送された第6話では、自己最高となる平均視聴率8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。久美が航一に詰め寄っているところへ麻也子が現れ、不倫がバレるシーンでは瞬間最高となる10.0%(同)をマークするなど、最終話へ向けて盛り上がりを見せている。

 ◇「卒業証書だよ」と離婚届 取っ組み合いの大修羅場も

 最終話では、夫・航一(稲垣さん)の記憶喪失が自作自演だった上に、親友の久美(高梨さん)と不倫関係にあったことを知った麻也子(栗山さん)が、すべてを振り切って通彦(市原さん)との愛に走ることになる。正式に離婚が成立していないにもかかわらず、通彦に誘われ、実家にもあいさつに行くが、通彦の母・早苗(名取裕子さん)から結婚を猛反対され、早苗の剣幕とどこまでもツイてない状況に、麻也子はただただうろたえる……。

1/2ページ

最終更新:6月10日(金)22時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。