ここから本文です

<とと姉ちゃん>相楽樹、次女鞠子役「絶対に成功させる」と強い決意

まんたんウェブ 6月11日(土)9時0分配信

 女優の高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」で、主人公・常子の妹、小橋家の次女鞠子を演じる相楽樹さん。松岡茉優さんや黒木華さんら朝ドラの“脇役”を務めた女優が今期の民放の連続ドラマで主演を務めるなど“登竜門”的なポジションとなっているだけに、相楽さんにも注目が集まっている。「とと姉ちゃん」の出演を「大きなチャンス」と感じており「絶対に成功させる」という強い気持ちで臨んでいるという相楽さんの素顔に迫った。

【写真特集】可愛いと話題の相楽さん 昭和なイメージの写真も

 ◇注目されている実感なし

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」創業者の大橋鎭子(しずこ)の軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子(高畑さん)が浜松から上京し、女性向けの雑誌を創刊。高度経済成長期を生きる女性に支持されていく……というストーリー。相楽さんが演じる鞠子は、小橋家の次女で、年の近い姉・常子の引きとめ役で相談相手。後に姉を手伝って雑誌「あなたの暮し」の創刊メインスタッフとして活躍する。

 相楽さんは、1995年3月4日生まれの21歳で、2010年にドラマ「熱海の捜査官」で女優デビューし、「クロユリ団地~序章~」などに出演したほか、映画「リアル鬼ごっこ4」ではヒロインを演じ、イエローハット、三幸製菓などのCMにも出演してきた。朝ドラに出演するのは初めてではなく、10年放送の「ゲゲゲの女房」にも出演したことがある。

 相楽さんは「とと姉ちゃん」の出演を「大きなチャンス」と感じているといい「『ゲゲゲの女房』で2シーンくらい出させていただいて、意識するようになり、いずれガッツリ出たいと思っていました」と野望を持っていたようだ。

 「とと姉ちゃん」の出演で、相楽さんは注目を集めているが「朝ドラに出ているという実感が正直あんまりないんです。街で声をかけられることもありませんし……。浜松でイベントに出た時、お客さん(ファン)と対面して、細かいところまで見ていただけていると実感しました。普段の撮影も変わらない気持ちでやっています」と明かす。

1/2ページ

最終更新:6月11日(土)9時0分

まんたんウェブ