ここから本文です

民間人労働者装い海外派遣される北朝鮮の現役軍人が増加か

WoW!Korea 6月10日(金)15時2分配信

民間人を装い中東地域へ労働者として派遣される北朝鮮の現役軍人が増えているという主張が提起された。

 自由アジア放送(RFA)は10日、匿名の現地消息筋を引用し「中東地域に進出している北朝鮮の建設会社2社を通じて(現地)へ入ってくる北朝鮮軍人の数がここ2~3年でぐんと増えた」と報じた。

 メディアは「クウェートの場合、北朝鮮労働者の中で30%近くが現役軍人」とし「北朝鮮当局は彼らを中東地域へ送るときに、民間人を偽装するために派遣前に髪の毛を長くさせることがわかった」と伝えた。
 
 海外労働者として派遣される北朝鮮の現役軍人には現地で働く期間に別途賃金を与えなくてもいいだけでなく、現地でも軍システムに従うため、統制が容易でその数をますます増やす傾向だという分析だ。

 メディアは「北朝鮮の現役軍人らが一般労働者の仕事を奪うせいで、ただでさえ苦労して働いている一般の北朝鮮労働者をさらに苦労させている」と副作用も付け加えた。

最終更新:6月10日(金)15時2分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。