ここから本文です

超危険シーンも生々しく体感できる!?話題作が4DXで上映決定

Movie Walker 6月10日(金)17時1分配信

現在公開中の『エンド・オブ・キングダム』が4DXでも上映されることが決まった。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』(13)の続編でもある本作は、舞台をホワイトハウスからイギリス・ロンドンに移し、テロリズムとの壮絶な闘いを描くアクション大作。

米大統領のシークレットサービス、マイク・バニングにジェラルド・バトラー、アメリカ大統領ベンジャミン・アッシャーにアーロン・エッカート、副大統領アラン・トランブルにモーガン・フリーマンと、前作に引き続きハリウッドを代表する豪華キャストが再集結。イギリスの首相が不可解な死を遂げ、葬儀のために各国首脳陣が大集結したロンドンで、同時多発テロが勃発する――というストーリーだ。

4DXでの上映では、建物が崩れるシーンでFOD(煙)とSCENT(香り)の効果で生々しい現場の雰囲気が再現されるという。また、テロリストとのアクションシーンでは、4DXにしか表現できないMOTION SPEED(スピードの動き)と、骨が砕けるような激しいVIBRATION(震動)の調和に、より迫力を楽しめる!

ド派手な爆発シーンや、超スゴ技連発の俊敏な戦闘シーンなどを圧倒的な臨場感で堪能できる4DX上映。4DX未体験の方は、ぜひこの機会に劇場で楽しんでみては?【Movie Walker】

最終更新:6月10日(金)17時1分

Movie Walker